車内ヒューズからアクセサリー電源を取るにはどうする?|ドライブレコーダーにもおすすめ

シガー電源 ドライブレコーダー

3.シガーソケット電源追加編

このページでは、ドライブレコーダーを取り付けるにあたって必要になる電源を準備する方法を紹介します。


今回のドライブレコーダーの構成を先に紹介します。実はかなりシンプルです!

シガーソケット電源からフロントカメラに電源を供給し、フロントカメラからHDMIケーブルでリアカメラと接続されます。

リアカメラはHDMIから電源をもらっているんですね!知りませんでした!

カメラ
カメラと配線

フロントカメラにはブラケットを付けます。こんな感じです。

カメラ本体裏
フロントカメラにブラケットを付けたイメージ

電源を準備していきます。エーモン製の電源ソケットはかなり優秀です!

ソケットは簡単に抜けないロック機構が付いていますし、車体側ヒューズも平型・ミニ平型・低背の3種類が付いてきます!

ヒューズ電源
エーモン製電源ソケット

ヒューズは先にお伝えしたように、3種類あって車によって異なります。

購入時はミニ平型ヒューズが付いていますが、V36スカイラインは「低背ヒューズ」でした。

それでは早速ヒューズを付け替えます。

白いケースの中にヒューズ管がセットされており、ここから車体用ヒューズを交換することができます。

ヒューズ管
ヒューズの付け替え_1

まず白いケースから取り出します。

ガラス管
ヒューズ取り出し

一度端子を抜いて、希望のヒューズを挿すだけです。画像は付け替えた後です。

ヒューズ管交換後
ヒューズの付け替え_2

付け替えましたら、白いケースに戻します。これで完了です!

交換後
ヒューズの付け替え_3

次回、車体にヒューズ取り付けの巻!

コメント

タイトルとURLをコピーしました