マイホームは貯金ゼロでも購入可能?|実際に住宅ローンを組んでみた

マイホーム

    • 貯金はないけど、家を建てようとしている
    • 将来、マイホームの夢がある

この記事は、こんなかたに向けて書いています。

結論からいくと、貯金ゼロでも家を購入することは可能です。

ただし、貯金する習慣のない人ちょっと危険ですよ!っていうお話です。


マイホーム購入時に貯金ゼロではダメ?

貯金がないのにはいろんな理由があるかと思います。

 

ひとつだけ間違いなく言えるのは、”支出が多いから”ではないですか?

つまり、支出が多いってことはそこから住宅ローンの返済金をねん出するのに間違いなく苦労します

 

せっかく夢のマイホームを買っても、住宅ローンが払えなくなったら大変です。

売却なんて最悪のパターンになって欲しくないので、私が実際に感じたことをアドバイスさせてください。

 

※ちなみに、新築後1年くらいで売却しようとした私の友人がいますが、建てたときの半額以下で掲示されたらしく、売るのを諦めてました。


マイホーム購入に必要なお金って?

パッと思いつくのが住宅そのものと、土地も買う場合は土地と、その2つですよね。

 

住宅と土地についての金額はコチラを参考にしてください。

☑ゆーちゃむの住宅ローン金額

このほかに必要になるお金もあります。

  1. 登記費用
  2. 水道負担金
  3. 引っ越し費用
  4. 家具・家電費用
  5. 火災保険料
  6. 外構費用

この辺のお金のことも考えておかないと、後になってから厳しい状況になります


具体的には何円くらい?

私の家の場合で書いてみます。(木造2階建て、床面積42坪、土地70坪)

 

  1. 登記費用:50万円
  2. 水道負担金:10万円
  3. 引っ越し費用:身内の軽トラックで対応したのでほぼ0円
  4. 家具・家電費用:新しく買ったものだけでも確か約30万円
  5. 火災保険料:10万円
  6. 外構費用:150万円

 

ざっくりではありますが、このくらいは掛かります。

外構費用は、車2台分のカーポートと物置1つ、あと土間コンクリートを打っただけです。


ここまでは住宅ローンで払える

ぶっちゃけ上記の金額は、すべて住宅ローンに組み込むことができるので特に問題はないと思います。

(住宅ローンの審査が通らないというのは例外として!)

 

上記の金額以外に、住んでいると必ず掛かる費用もあります。

  • 固定資産税
  • 水道光熱費
  • 食費
  • 通信費(電話やインターネットなど)
  • ガソリン代
  • 保険料

ここら辺の費用は、住宅ローンではなくて月々の給料で払わなければなりません。

貯金をする習慣をつけましょう

貯金をする習慣のある人は、上記を払ったほかに”貯金”として数万円ほど寄せておくことが可能です。

いっぽう、貯金をする習慣のない人は、雑費(娯楽とかちょっとした買い物とか)ですべて使い切ってしまう傾向があります。

(私の偏見だったらスミマセン)

 

 

これは住宅に限ったことではなく、”医療費や冠婚葬祭”など突然の出費にも対応できないので、どんどん苦しい状況に追い込まれていきます。

 

なので、貯金をする習慣がないと「ちょっと危険ですよ(ローンを払えなくなりますよ)」というお話です。

 

早いうちに貯金をする習慣をつけましょう。

 

私の例をとった部分がありますので、みんながみんなに当てはまるとは限りませんが、ぜひご参考までにどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました